更新情報はこちらから
Twitter

「情熱を失わないこと」前編

インタビュー

 

 

 

河合達郎先生

 

役職

 

・移植外科医(Massachusetts General Hospital、以下MGH)

・Professor of Surgery, Harvard Medical School

 

 

キャリア 

 

1981年日本大学医学部を卒業。

外科と免疫学に興味を持ち移植外科医としての道に進み、東京女子医科大学腎臓病総合医療センターに入局。

1991年にマサチューセッツ総合病院(MGH)移植外科にResearch Fellowとして留学し、移植免疫を研究。

1994年に日本に帰国し、1996年に東京女子医大第3外科准教授となる。

1997年、再度渡米し、MGHで移植臓器の免疫寛容誘導のための治験を開始した。

再渡米後、USMLE取得し、Fellowshipを経て2008年にハーバード大学准教授、2012年にMGH移植外科A.B.Cosimi Endowed Chair就任。

2015年より現職。

 

 

 

 

MGH外観

 

 

基礎研究の成功とその臨床応用を目指して

 

――河合先生のこれまでのキャリアについて簡単に教えてください。

 

学生時代に外科と免疫学に興味を持ち、外科だけでなく研究にも興味があったので大学卒業後、移植外科医としての道をスタートしました。

 

10年間、外科医としてのトレーニングを積んだ後に渡米しMGHで3年近く移植免疫の研究をしました。

 

満足のゆく成果があり、その結果を日本でも臨床応用していけると思い帰国しました。

しかし実際に日本で一から研究を立ち上げるとなるとすごく大変で、帰国3年後に当時の恩師の退官や、MGHからの再渡米の要請があったこともあり、自分の研究を臨床応用する目的でMGHに戻ることに決心しました。

二度目の渡米でUSMLE(米国の医師免許)を取得し、Clinical Fellow終了後はすぐにAttendingとなり、臨床医として移植手術も行っています。内視鏡手術は米国で独学で学んで習得しました。すごく特殊なケースですね(笑)

 

 

 

 

――二度目の渡米でUSMLEを取得されたのですね。とても大変だったと思いますが。

 

その時もう40歳になっていたので苦痛でしたが、普通の日は研究が終わってから毎晩8時から12時まで、土日は終日勉強しましたね。

そのおかげで、なんとか半年で免許をとることができました。

(このエピソードに関しては河合先生寄稿の日経メディカルKUROFUNET「中年から米国で臨床医として働く秘策」に詳しく掲載されています。)

 

 

――どういった事がUSMLEをとる上でのモチベーションでしたか?

 

米国に戻ってきた最大の目的は自分の研究を臨床応用するためです。

ですから医師免許を取ることは自分に課した最低限の条件でした。

あとは家族がいるのでResearchだけで養っていくのは大変だったという事もありますね。

 

 

 

 

――Research Fellowの時とアメリカで臨床医となってからとで給料はかなり変わるものでしょうか?

 

アメリカの臨床医はその仕事が正当に評価されるシステムで働いているので給料に関しては恵まれていますね 。

これに比べてResearch fellowの時は本当に辛かったです(笑)

リサーチだけをしていた時はグラントをとれないと路頭に迷う事もあるので精神的にもかなり大変でしたね。

激務である移植外科医の給料は、アメリカでもトップ30%には入ると思います。

トップはやはり脳外科医で一流の医師は年収1億なんて人もいますが。

 

 

 

 

――河合先生のようにUSMLE取得後にResidency Programに入らず、Clinical Fellowにそのまま進むケースはすごく特殊だと思いますが。

 

たしかに特殊ケースですが、日本人でこちらのattendingになった人はほとんどそういったコースじゃないでしょうか。

また、米国人にできないような優秀な技術のある日本人外科医はUSMLEを取得しなくてもその病院に限られた資格で手術できるような場合もあるようです。

Massachusetts州はその辺厳しいですが。

内科では内視鏡で特殊な技術を持つ日本人が、特別待遇で招聘された例もあるようです。

 

 

――日本に帰国されたときに日本で研究を続けることが難しかったとおっしゃっていましたが、どういった違いを感じましたか?

 

システムの違いですね。

日本はiPS研究所をはじめ、基礎研究ではいい研究所がありますが、臨床研究をするにはとても難しい環境でした。

私は日本に帰ってから小渕沢でサルを使った移植の研究ができる場所を見つけて、文科省の科研費で研究を続けましたが、毎週週末に東京と小渕沢を往復するのは大変でした。

それはまだ我慢できるとしても、サルに放射線をかけたりしなければならなかったので、また別の施設にサルを連れていかなければならないなど、3年経った時にこんなことでは埒が明かないと悟りました。

あとは研究していても、周りに喜びを分かち合ったり、討論したりする相手がいなかったという事もありますね。

日本に帰ってからもMGHのボスとずっとやり取りしていましたから。

 

 

「情熱を失わないこと」後編へ続きます。

2+
タイトルとURLをコピーしました