更新情報はこちらから
Twitter

「自分で選び、自分で責任を取る」前編

白井 敬祐先生

白井敬祐先生

 

役職

 

Dartmouth-Hitchcock Medical Center

Norris Cotton Cancer Center

Associate Professor of Medicine, Hematology/Oncology

Geisel School of Medicine at Dartmouth

Dartmouth-Hitchcock Medical Center

 

キャリア

 

1997年に京都大学卒業。横須賀米軍病院で1年間の研修終了後、福岡飯塚病院を経て、国立札幌がんセンターに放射線腫瘍医として勤務。2002年に渡米し、ピッツバーグ大学で一般内科レジデント、サウスカロライナ医科大学で血液腫瘍内科フェローを経て、そのままサウスカロライナ大学腫瘍内科スタッフに就任。2009年には同大学でClinical ResearchのMSCR (Master of Science of Clinical Research、臨床研究修士) も取得。2015年よりダートマスに移り、現職に至る。専門は悪性黒色腫、肺癌、頭頚部癌、緩和療法。

連載:侍オンコロジスト奮闘記~Dr.白井in USA~(https://www.carenet.com/series/samurai/cg001336_index.html

 

 

腫瘍内科という選択とアメリカ留学

 

――白井先生が腫瘍内科に進んだきっかけを聞かせてください。

 

もともと終末期に興味があり、がんを専門にする道に進みました。初めに放射線腫瘍科を選んだのは治る癌から緩和治療まであり、かつ子どもから高齢者まであらゆる癌を診る事ができると思ったからです。

 

腫瘍放射線科医をしている中でたまたまアメリカにいける機会があり、競争の激しい放射線腫瘍科のレジデンシーより内科レジデンシーの方が現実的にアメリカに行きやすい事、アメリカの放射線科医は病棟に関わることが少ない事などを考えて腫瘍内科の道に進むことになりました。

 

 

――渡米する前にUSMLEを取得していたと思いますが、USMLEを取ろうとおもったきっかけや勉強方法、取得のタイミングなどについて教えてください。

 

もう25年くらい前ですが、当時は米国の医療系ドラマ「ER」が流行っていて、漠然と米国医療に興味がありました。5年生の時に週に1回行われていた大学内のUSMLEの勉強会に参加するようになり、せっかく勉強したならと思い、国家試験と一緒にStep2を受験しましたね。Step1は横須賀米軍病院時代に取りました。勉強はひたすら問題集一冊をやりましたね。

 

 

――意外にも今のキャリアのすべてのきっかけは何となく参加した勉強会だったんですね(笑).次にアメリカでのキャリアに関してお聞きしたいのですが、米軍病院に行ったきっかけ、渡米のきっかけ、その後のキャリアに関して詳細をお聞かせください。

 

もともと一年上の先輩の現京大皮膚科教授の椛島先生が横須賀米海軍病院に行っておられて、「おもろいし絶対白井に向いているから」と誘っていただき、それなら挑戦してみようと思い受験しました。

 

横須賀米海軍病院で1年の研修終了後、1年先に行っていた同級生の2人から「おもろいし、充実してるで」とすすめられて福岡の飯塚病院に行きました。たまたま九州に講演に来られた札幌がんセンターの西尾正道先生の話しにひかれて、その後は札幌がんセンターに行き、放射線治療を学びました。

 

そこで、たまたまピッツバーグ大学の内科のプログラムディレクターが札幌に来るという事を友人から聞き、アポをとってランチに行きました。そこで「USMLEを取得しているならアメリカに来る?」と誘っていただきました。当時すでに横須賀で研修した同級生6人中5人はアメリカに行っていましたし、州によってはUSMLEの最初のステップを取得してから7年以内にレジデントを始めないとまた一からといううわさも聞き、せっかく取ったなら行ってみようと思い渡米を決断しました。スティーラーズ(アメフトのチーム)も魅力的でしたしね(笑)。そしてピッツバーグ大学の内科レジデンシーにOut of Match枠に入れて頂けることになりました。

 

その後、フェローシップに応募した中からオファーのあった病院の中からサウスカロライナ医科大のフェローに進んだ理由は横須賀米軍病院の先輩にあたる小川真紀雄先生や肺癌ですごく御高名なMark Green先生がいらっしゃったからです。

 

腫瘍内科で大学に残るのであれば研究が必要だと思い、臨床研究修士も取得しました。スタッフとして楽しくやっていたのですが、たまたまダートマスで悪性黒色腫を専門にしている腫瘍内科医を探していると研究仲間の友人が声をかけてくれ、ダートマスに行くことになりました。

 

 

――偶然こういったキャリアになったという部分も多いんですね。振り返ってみてキャリア形成に重要なポイントというのはありましたか?

 

キャリア形成に重要なポイントで特に意識してきたことはありませんが、たまたま悪性黒色腫を専門にしたタイミングで免疫チェックポイント阻害剤が悪性黒色腫を対象に登場し、サウスカロライナで一番免疫チェックポイント阻害剤の経験がある医師になれたのは大きかったかもしれないですね。

 

流れにのっかる事ができてラッキーだったかもしれませんね(笑).もともと日本で放射線治療やっていた時から肺癌を見ていたのですが、そうしたら、免疫チェックポイント阻害剤が肺癌にも適応拡大となりました(笑).

 

 

日本と米国の腫瘍内科

――アメリカではたくさんの臨床試験が行われている反面、日本では臨床研究論文の本数が減少傾向にあると聞きますが、実際にアメリカで臨床試験に関わっておられる白井先生はどういった違いを感じておられますか?

 

臨床研究は大学病院などの教育病院で行われているもの多いですが。民間で行うところも増えてきています。臨床試験は患者さんにとって、ある意味Opportunityとして捉えられていて、標準治療が終了した後に可能性のある臨床試験を提供できるのはメリットとも考えられているというのはあると思いますね。

 

 

――個人的には研究費の面以外でも、臨床試験コーディネーターなど臨床研究に関わる人的資源がしっかりしていたり、学生でも将来のキャリアアップの為に臨床試験の手伝いをしている人達もいたりして、そういった環境の面でも違いを感じました。

 

そうですね。みんながみんなやっているわけではないですが医学部に入ることを目標に学部生を終わった後に臨床試験コーディネーターを仕事として経験する人もいますね。

 

――日米両方でトレーニングを受けられた立場として同期の研修医やレジデントで違いを感じる点はありましたか?

 

そこまでは感じてないですね。ディスカッションする機会がアメリカの方が多いので、ディスカッションが上手な人は多いとは思いますが、日本人の先生でもうまい人もいるので一概には言えないですね。あとはオンとオフがしっかりしているという事ですね。

 

――日本はまだまだ腫瘍内科という科ができて新しいといいますが実際に日米でどういった違いがあるのでしょうか?

 

私は現在、日本で臨床をしているわけではないので、細かいことに関してはわからないというのが正直なところです。ただ、日本ではまだ臓器別に各科で腫瘍を診ている施設が多いので、腫瘍内科といってもまれな癌や原発不明癌や肉腫が中心になると聞いたこともあります。

 

反対に、アメリカでは婦人科以外の腫瘍は基本的に全て腫瘍内科で扱います。中にはFox Chase Cancer Centerなど婦人科系のがんも腫瘍内科が診ているところもあり、多少異なる施設もありますが。そういった日米の違いはあると思います。

 

――腫瘍内科医になるためのトレーニングを受けるにあたって腫瘍横断的に学べる施設はまだまだ日本には少ないのですね。

 

そうだと思います。例えばダートマスの腫瘍内科フェローは、朝は肺癌チームに入り、昼は消化器癌チーム、その次の日の朝は白血病チームについてと毎日色んな腫瘍を経験していますね。腫瘍内科の他の指導医達や外科医達もみんな同じ区画で外来に当たっているためしょっちゅうディスカッションする機会もありますね。

 

――アメリカは腫瘍内科の歴史も長いですよね。腫瘍内科の歴史も気になるところですね。

 

そういった歴史について有名な本があるので気になったら是非読んでみる事を奨めますよ。「The Emperor of All Maladies」(日本語版:病の皇帝「がん」に挑む)という本で、PULITZER賞も受賞していうる名作です。著者はこの本を書いた当時はまだ、ハーバードの腫瘍内科フェローだったと聞いています。

 

――フェローの先生が書かれた本ですか。すごすぎますね(笑)

 

本当にすごい人です。HarvardにはAtul Gawande先生だけではなくてそういったすごい人もいますよ。本の内容は少しHarvard寄りではありますが、がん治療の黎明期などがダイナミックに書かれていてとても面白いですよ。

 

――アメリカ医療と言えば保険の違いがまず思い浮かびますが、アメリカは保険に入っている保険によって患者さんによって受ける事ができる治療が変わるといったこともあるのでしょうか。

 

私の働いている環境では、それはないようです。メディケイドの方もメディケアの方も病院に受診されている方には標準治療が適応されています。Dartmouth-Hitchcock Medical Centerは営利病院ではありますが、一方で地域基幹病院としての役割も担っているので、保険に入っていない人に充てる予算も組まれています。ただ規模の小さい開業医グループでは、支払いがなされるかは大きな問題なので、保険の確認が重要だとも聞いています。

 

Dartmouth-Hitchcock Medical Center

 

「自分で選び、自分で責任を取る」後編

へ続きます。

3+
タイトルとURLをコピーしました